大阪の太陽光発電ならジオリゾーム

HOME太陽光発電は本当にお得なの?>太陽光発電促進付加金(太陽光サーチャージ)
  • 太陽光発電促進付加金(太陽光サーチャージ)

  • 「太陽光発電の余剰電力買取制度」は、平成21年11月より開始され、買い取りに要した費用を「太陽光発電促進付加金(以下、太陽光サーチャージ)」として、電気をお使いになる、全てのご契約者にご負担いただくことになりました。

    「太陽光発電の余剰電力買取制度」が平成21年11月より開始されました。太陽光発電で発電された電力を電力会社が買い取った代金を全ての電気契約者が負担するという制度です。ただ、実際は、平成22年度の太陽光サーチャージを算出するための単価が、1銭未満だったために、徴収されておりませんでしたが、平成23年4月からは徴収がスタート。関西電力管轄では、一般家庭(280kWh)の1ヶ月の負担額が8.40円となっております。ぜひ、みなさまもご自宅の領収書をご確認して見て下さい。

    でも、この『太陽光サーチャージ』ですが、一体どういった理由から始まったのでしょうか?
    「太陽光発電の導入を拡大することで、エネルギーの海外依存度を減らし、地球温暖化対策、さらに我が国のものづくり技術を活かした環境関連産業の成長にも大きく貢献できるものとして、全契約者で負担しましょう」という制度なのですが、正直なところは、「太陽光発電の普及に伴い、売電金額が増えますので、電力会社が負担できなくなります。これを全世帯で負担して下さい。」というのが、ホンネでしょうか?


    『今が最安値!?の太陽光サーチャージ』
    太陽光発電システムの普及を目的としていますので、普及すればするほど、徴収金額が増えることになります。つまり、今年度が最安値と言うことになるでしょうか?でも、なぜ太陽光発電だけ優遇されるんでしょうか?今後は名称を変え、『自然エネルギー付加金!?』なんてことになって、付加金が増えるかも知れませんね
    >電気の買取制度に戻る

    太陽光発電で、電気をたくさん売るコツを知りたい方はこちら。
    太陽光発電のコストパフォーマンスについて詳しく知りたい方はこちら

  • *24時間対応 休業時間帯は、転送で直接担当者につながります。
    当社の営業エリアは、大阪府池田市、大阪府泉大津市、大阪府和泉市、大阪府泉佐野市、大阪府茨木市、大阪府大阪狭山市、大阪府大阪市、大阪府貝塚市、大阪府柏原市、大阪府交野市、大阪府門真市、大阪府河南町、大阪府河内長野市、大阪府岸和田市、大阪府熊取町、大阪府堺市、大阪府四条畷市、大阪府島本町、大阪府吹田市、大阪府摂津市、大阪府泉南市、大阪府太子町、大阪府高石市、大阪府高槻市、大阪府田尻町、大阪府忠岡町、大阪府大東市、大阪府千早赤阪村、大阪府豊中市、大阪府豊能町、大阪府富田林市、大阪府寝屋川市、大阪府能勢町、大阪府羽曳野市、大阪府阪南市、大阪府東大阪市、大阪府枚方市、大阪府藤井寺市、大阪府松原市、大阪府岬町、大阪府箕面市、大阪府守口市、大阪府八尾市と、兵庫県、滋賀県、奈良県、京都、三重県、和歌山県の一部です。

  • 京セラソーラーエネルギーシステム販売代理店
  • 大阪営業所 大阪府吹田市内本町1丁目1番21号・・・・・・・・・・・・・・・・TEL 06-6381-4000  FAX 06-6381-3999
  • サイト利用規約個人情報の取り扱いについて
  • Copyright(c) Georhizome Co,.Ltd. All rights reserved.