大阪の産業用太陽光発電ならジオリゾーム

HOME太陽光スクリュー杭打ち>傾斜地での太陽光発電の雨水(排水)対策
  • 傾斜地での太陽光発電の雨水(排水)対策

  • 傾斜地に太陽光発電施設を設置する場合、表面の土が削られていくことなどを防ぐためにも、雨水等の排水処理が重要となります。当社の対策方法をご紹介いたします。

    傾斜地での太陽光発電施設の雨水(排水)対策方法

    傾斜地の太陽光発電施設の設置は、平坦な土地と異なり、雨水等の排水処理による対策が重要となります。傾斜地の太陽光発電施設の場合、林など切り崩して施工した場合が多いと思います。パネルの設置によって、雨水がパネルの軒側に集中して落ちます。画像雨は高地から低地の方に流れますので、雨水は傾斜地を下り、水の筋をつくって下に流れていきます。ひどくなるとU字溝ほどの道筋ができるほどです。
    森林であった時は、木や草が生えていたので、雨(水)を吸収してくれましたが、太陽光発電施工によって、雨を吸収してくれるものが無くなってしまったからです。
    これにより表面の土が削られていき、
    @ 近隣住民の不安が高まり、クレームにつながる。
    A スクリュー杭基礎がむき出しになっていき、最悪の場合、架台やパネルを巻き込んで、
      土砂崩が起こるリスクが発生する。
    このような事態を防ぐために、当社でも奮闘して雨水対策を講じています。

    kusa防草シートで覆う
    1つ目の方法として、防草シートで傾斜地を全面覆うやり方です。
    画像画像
    こうすることで、シートを伝って雨水が流れるようになります。傾斜地が削られることも激減し、基礎の根本が、むき出しになることを防げます。低圧案件程度の大きさならおすすめです。防草シートは薄いものでは破れやすいので、ある程度頑丈なシートをおすすめ致します。

    kusa雨樋で雨水を受ける
    雨水の多くが軒まで流れていき、主に架台を伝わって流れていきます。
    そこで、もう1つの方法として(まだ検証段階であるのですが)、その雨水を樋で受け、傾斜地の下まで流して運ぶことによって、雨水対策として機能すると考えております。 今は実験段階なのですが、雨がどのようにして流れていくのか等を研究した上で、実用化に向け取り組んでいきます。
    画像画像

    これら以外にも、雨水対策として、高速道路などによくある配管を埋める方法もございます。色々試してみて、土質にあった、現場にあった方法で取り組んで参りたいと思います。

    傾斜地の太陽光発電の設置や雨水対策については、是非当社までお問い合わせお願いします。



    hitokoto事前の調査が不可欠
    土地によって、スクリュー杭が合う合わないという判断をするのに、事前の調査が不可欠だと考えています。最低でも20年間発電をするものなので、慎重に、お金を掛けて、やって頂けたらと思います。


    問合せ
    *営業時間外は、直接転送で担当者につながります。


  • 会社概要サイトマップ
  • 大阪の太陽光発電なら株式会社ジオリゾーム
  • 京セラソーラーエネルギーシステム販売代理店
  • 大阪営業所 大阪府吹田市内本町1丁目1番21号・・・・・・・・・・・・・・・・TEL 06-6381-4000  FAX 06-6381-3999
  • サイト利用規約個人情報の取り扱いについて
  • Copyright(c) Georhizome Co,.Ltd. All rights reserved.