大阪の産業用太陽光発電ならジオリゾーム

HOME産業用太陽光発電>営農型太陽光発電「ソーラーシェアリング」
  • 営農型太陽光発電「ソーラーシェアリング」

  • 農業をしながら太陽光発電を設置し売電する「ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)」について、メリット・デメリットなども含めてご説明いたします!

    ソーラーシェアリングとは?
    ソーラーシェアリングとは、農地に太陽光発電設備を設置し、太陽光発電と作物栽培を同時に行うことです。農林水産省では「営農型発電設備」と呼んでおり、条件はあるものの、農業を継続しながら発電を行う事が出来ます。 特殊な架台に太陽光パネルを取り付け、上で発電を、下の田畑で作物を栽培します。野菜や稲などの農作物を育てながら、太陽光発電によって売電もできて自然エネルギーも活かすことができる一石二鳥の方法です。

    ソーラーシェアリング概要図

    ソーラーシェアリングのメリット・デメリット
    主なメリットとしては、
    ・強い太陽光にあてられすぎて、農作物が傷んでしまうところを、パネルによって影ができて農作物への太陽光を遮断してダメージを和らげる。
    ・パネルの影によって、暑さが和らぐので人も農作業がしやすくなる。
    ・冬には放射冷却が緩和され、霜が発生しにくい。
    などがあります。

    デメリットとしては、
    ・パネルを伝い、雨水が集中して落ちてしまい、畝を崩してしまう恐れがある。
    ということがあります。
    農地
    よくいただく質問の中に、太陽光パネルによって太陽の光が遮られ、作物の育成を阻害してしまうのではないか?というものもあります。 これについては、CHO研究所所長の長島彬氏の研究により、作物の生育に影響がないことが実証されてきました。
    長島彬氏は「作物が成長する上で必要になる光合成の量は決まっており、必要以上の太陽光は光合成には利用されず、むしろ葉が変色するなどの悪影響を及ぼすこともある」という結論を出しました。

    これは「光飽和点」により作物の光合成に必要な太陽光の量には、限界があるという考えが根拠になっています。 つまり、太陽光を適度に遮断することで作物へのダメージが軽減され、品質も向上するということなのです。

    ソーラーシェアリングと農地区分の規制について

    農業を行うための土地のことを農地と言いますが、農地は幾つかの種類に分けられています。
    農地の区分によって、他の用途で利用しようとする場合の規制があるのですが、ソーラーシェアリングはその規制を乗り越えることができる仕組みです。 第三種・第二種農地などは農地転用を行うことで一般的な野立て太陽光の設置が可能ですが、第一種農地や甲種農地などは農業を行ううえで条件が良く、転用は原則禁止されております。 また、これらの区分とは別に「農用地区域」として市町村から指定を受けている場合は、農業以外での使用を原則禁止されています。

    しかし、ソーラーシェアリングのための一時転用を行えば、太陽光発電設備の設置は可能です。
    以下に、簡単に条件をまとめます。
    「太陽光発電設備による発電・売電期間中の農業継続」
    「年間の作物収穫量の大幅な低下禁止」
    「パネル下の農業スペースを確保」

    発電事業がメインでなく、あくまでも農地で太陽光発電設備が間借りしているという条件でなければならないということですね。 また、3年ごとの一時転用の更新などを行う必要があります。

    ソーラーシェアリングを設置する際は農耕機具や人が通れるように支柱の間隔を空けておくことや基礎部分を安易に撤去できるものでないといけません。スクリュー杭打設の経験がある当社に任せて貰えれば、安心して頂けると思います。架台や施工方法もご相談・提案させていただくことも可能です。
    ジオリゾームでは以前から遊休地や農業地域に太陽光発電を設置して、耕作放棄地や土地の固定資産税に悩まれている方の一助になれればと活動していました。土地の活用にお困りの方、ソーラーシェアリングでの太陽光発電を検討している方はぜひ当社までご相談ください!

    当社のソーラーシェアリング施工事例
    【兵庫県洲本市】
    施工写真1

    施工写真2

    ≫産業用太陽光発電の当社の施工事例もぜひご覧ください。


    売電収入だけではない太陽光発電
    どうしても今の太陽光発電は、『太陽光発電=儲かるのか』ということが先行してしまいガチですが、太陽光発電の良さをお金だけではなく、他のことにも目を向けてもらえたらと思っています。化学燃料の削減だったり、温暖化への貢献だったりと…
    今はお金のことだけだったとしても、環境のこともほんの少しだけでも頭の片隅に置いていただければ、うれしい限りです!

    ぜひそう言った面でもお客様の特色としてアピールしていただければと思います。


    問合せ
    *営業時間外は、直接転送で担当者につながります。
  • 京セラソーラーエネルギーシステム販売代理店
  • 大阪営業所 大阪府吹田市内本町1丁目1番21号・・・・・・・・・・・・・・TEL 06-6381-4000  FAX 06-6381-3999
  • サイト利用規約個人情報の取り扱いについて
  • Copyright(c) Georhizome Co,.Ltd. All rights reserved.