大阪の産業用太陽光発電ならジオリゾーム

HOME太陽光スクリュー杭打ち>太陽光発電現場の雑草対策
  • 太陽光発電現場の雑草対策

  • 産業用太陽光発電の発電量にも影響してくる雑草への対策について、当社でもいろいろな方法を試しております。一例をご紹介いたします。

    太陽光発電現場の雑草対策

    画像屋上や屋根などに設置する住宅用太陽光発電と違って、地面に設置する産業用太陽光発電は、雑草やツルが伸びてきてソーラーパネルにかかってしまいます。特に夏場は雑草の成長が著しくなり、すぐに日影によって発電量が落ちてしまいますので早急に処理しなければなりません。以前、現地調査した太陽光発電計画用地近辺に竹林があり、造園会社さんに相談したところ、竹は、伐採・抜根しただけでは根が残り、すぐにまた育ってしまうので伐採抜根後に薬剤を散布し予防する方法が良いと教えてもらうということがありました。
    このように産業用太陽光発電において、雑草への対策は頭が痛くなるところではあります。当社では雑草対策を様々なやり方で試して、成果の高い方法を提供していければと考えております。
    対策方法の一部を、例を挙げて紹介します。

    kusa防草シートを敷く
    施工前にまず草刈りを行います。固い草木が残ってしまうと防草シートを敷くときに、シートに穴が開いてしまうので、綺麗に切り取って取り除きます。その後に、防草シートを敷いて釘を打ち敷設を完了します。また、防草シートは雨水等による地面への浸食を防ぐので傾斜地等に設置されている発電施設にはうってつけです。薄いものより、ある程度頑丈なものの方が破れにくいのでお勧めします。シート自体は、5年から10年は継続して使用可能と言われています。しかし、ほぼ完全にシートで覆っても隙間などから雑草が生えてきてしまう場合もあります。
    画像

    kusa低草を繁殖させる
    クローバーなどの背の低い草を植えることで、土壌の養分を吸い取り、他の大きな雑草の生育を抑制します。どのような種類が有効なのか、当社の方でも試験的に植えたりして最も効果的なものはなにか模索している最中です。現在、クローバー以外にも、タマリュウ・ヒメイワダレソウ・スギナ・ワーヤープランツ・クリーピングタイムなどを試しています。他にもどんなものが有効なのかご存知の方は是非お知らせください。
    画像

    これ以外の方法としては、
    kusa砕石敷き
    厚めに敷くことによって、雑草の生育を抑制することができます。
    kusa除草剤
    薬剤残布によって草を枯らすのですが、人体や周囲の環境への影響、周りに農地がある場合などには、注意が必要でしょう。
    kusaコンクリートで土間を敷く
    ほぼ確実な手法ですが、コストが大きくかかります。

    などがあります。 画像
    他にも、色々な有効な手段を検討しています。例えば土壌のpH(ペーハー)値によっては、ほとんどの植物は弱酸性を好み、アルカリ性の土壌になればなるほど育たなくなります。これを利用して雑草が育ちにくくする方法ですが、まだ注意や試験が必要なものになっています。今まで見てきた対策の中には、ヤギなどの家畜を放って雑草を食べさせるという方法もありました。こちらもなかなか有効な対策であると思いますが、放牧となりますので周辺の人々からの理解、飼育スペースや飲み水の確画像保などのその他飼育の諸経費もかかりますから安易に決められるものでもありません。
    それぞれ、雑草への効果やコストパフォーマンスは様々ですが、その発電所に合った対策が必要になります。対策でお困りの際は、ぜひご相談ください。また、雑草だけではなく、杭の浮き沈みの確認や電力が低下していないか等、一度点検してみてはいかがでしょうか。当社では雑草対策・雨水対策など、稼働後のアフターケアとメンテナンスもお手伝いさせていただいております。
    何かお困りごとがございましたら、 いつでもお問い合わせください。

    hitokoto事前の調査が不可欠
    土地によって、スクリュー杭が合う合わないという判断をするのに、事前の調査が不可欠だと考えています。最低でも20年間発電をするものなので、慎重に、お金を掛けて、やって頂けたらと思います。


    問合せ
    *営業時間外は、直接転送で担当者につながります。


  • 会社概要サイトマップ
  • 大阪の太陽光発電なら株式会社ジオリゾーム
  • 京セラソーラーエネルギーシステム販売代理店
  • 大阪営業所 大阪府吹田市内本町1丁目1番21号・・・・・・・・・・・・・・・・TEL 06-6381-4000  FAX 06-6381-3999
  • サイト利用規約個人情報の取り扱いについて
  • Copyright(c) Georhizome Co,.Ltd. All rights reserved.