お問い合わせオンライン相談も

staffブログ


ブログ


mail


電話

社員

太陽光発電スクリュー杭打ち・先行掘削

社員

全国対応

06-6381-4000

土壌汚染が有る土地を、太陽光発電で収益を出ししつつ、土壌浄化をするという選択肢も考えてみませんか。

当社は、太陽光発電の部署以外にも、『土壌汚染コンサルティング事業』と『無電柱化事業』の3部署から成り立っています。各事業部と連携して、土地活用をご提案しております。

ジオリゾーム事業

土壌汚染のある土地(ブラウンフィールド)を太陽光で有効活用!?

ブラウンフィールド

土壌汚染された土地ですが、浄化するのに莫大な費用が掛かったりすることがあり、土地の流動化が進まず、塩漬けになり、遊んでいる土地:いわゆるブラウンフィールドが少なからずあります。土地取引の際、契約した後から、汚染された土壌が見つかって、契約解除になる、という話もよくあります。

土地売買、土壌汚染

ブラウンフィールドで、太陽光発電を検討する可能性やメリットとして、以下の点が挙げられます。

  • 太陽光発電の売電収入で、有効活用(『利益』を得ることが)できる。
  • 長期間(20年間)をかけて、低コストで浄化が可能。
  • 20年後、太陽光発電を撤去した後、『浄化された土地』として売ることができる。

具体的な土壌浄化方法

期間が長期間かかる代わりに、低コストである浄化手法として、以下のものがあります。

【例1】薬剤を注入して、浄化する。

土壌浄化、薬剤
※汚染の種類によって、浄化方法は異なります。

【例2】微生物反応(バイオメディエーションで浄化する。

微生物反応(バイオメディエーションで浄化
※汚染物質の種類や濃度によって、浄化や期間や方法が異なります。

各事業部と連携して、その土地にとって一番の土地活用の一助になればと考えております。なんなりとご相談ください。

お問い合わせバナー

*業務時間外は、直接担当者に繋がります。

お問合わせ

お困りごとなど、お気軽にご相談ください。
スタッフ写真