ホントのことを伝える
home産業用太陽光発電>土壌汚染のある土地(ブランウンフィールド)を有効活用できます。

土壌汚染のある土地(ブラウンフィールド)を有効活用?!

太陽光発電で収益を出ししつつ、土壌浄化をするという選択肢も考えてみませんか。

土壌汚染された土地ですが、浄化するのに莫大な費用が掛かったりすることがあり、土地の流動化が進まず、塩漬けになり、遊んでいる土地:いわゆるブラウンフィールドが少なからずあります。

土地取引の際、契約した後から、汚染された土壌が見つかって、契約解除になる、という話もよくあります。

こんな時は、太陽光発電の設置をおススメします!

安心の3つのメリット
  1. 太陽光発電の売電収入で、有効活用(『利益』を得ることが)できる。
  2. 長期間(20年間)をかけて、低コストで浄化が可能。
  3. 20年後、太陽光発電を撤去した後、『浄化された土地』として売ることができる。

当社は、太陽光発電の部署以外にも、『土壌汚染コンサルティング事業』と『無電柱化事業』の3部署から成り立っています。

その中の『土壌汚染コンサルティング事業』では、土壌(地面や地盤)の汚染の確認(土壌汚染調査)や、浄化対策(汚染をきれい除去)をしています。

【例1】薬剤を注入して、浄化する。

※汚染の種類によって、浄化方法は異なります。

【例2】微生物反応(バイオメディエーションで浄化する。

※汚染物質の種類や濃度によって、浄化や期間や方法が異なります。

ジオリゾームが選ばれる3つの理由

  1. 太陽光発電の売電収入で、有効活用(『利益』を得ることが)できる。
  2. 長期間(20年間)をかけて、低コストで浄化が可能。
  3. 20年後、太陽光発電を撤去した後、『浄化された土地』として売ることができる。

ブラウンフィールドをお持ちの方は、今すぐお電話を! ジオリゾームは24時間対応しています!
※営業時間外は担当者の携帯に転送となります。電話に出にくい場合がありますが、ご了承ください。

アイコン産業用太陽光発電の施工事例 アイコンソーラーシェアリングの事例 アイコンスクリュー杭打ちの実績 お問い合わせ 問い合わせ お見積り 杭打ち問い合わせ

*24時間対応 休業時間帯は、転送で直接担当者につながります。

杭打ち問合せ 産業用お見積り マッチング スタッフブログ 情報誌