全国のスクリュー杭打ち、大阪の産業用太陽光発電なら株式会社ジオリゾーム

HOME太陽光スクリュー杭打ち>スクリュー杭の打設方法
  • スクリュー杭の様々な打設方法

  • 多くの野立て太陽光発電で使用されています、スクリュー杭ですが、打設する方法や機械(重機)も多種多様です。当社では、以下のような打設をしております。

    色々あるスクリュー杭の打設方法
    1)直接打設
     一般的に行われている、施工方法です。
     土質が柔らかい 〜 標準的な硬さのところでは、どのタイプの機械(重機)でも打設可能です。地中に石や岩盤などがあった場合や表層にコンクリートやアスファルト敷きであった場合は、打設できません。


    2)先行掘り→打設
     a)表層に被覆がある場合
    gazou 画像画像
        【被覆部除去状況】        【被覆部除去後】        【杭打設】

    上記写真のように、コンクリートで被覆(写真は、コンクリート厚:約5cm)されているような現場では、単管より2回りほど大きいパイプを使って、打撃破壊した後、通常通りスクリュー杭を打設します。このように、表層が被覆されているようなところを、ユンボで実施した場合、コンクリート&アスファルトガラも発生し、なお且つ、雑草や低木も生えてきてしまうので、折角の被覆がもったいないですよね!
    当社のジオプローブなら、コンクリート被覆は、10cm程度、アスファルトなら、さらに深く被覆除去できます。まずは、当社までご相談願います。  


     b)地中障害がある場合
    画像画像
       【打撃で先行掘りするジオプローブ】      【オーガーとバイブレーションで先行掘りするエコプローブ】

     深度はまちまちですが、地中障害は、よくあることです。
    石に当たって、スクリュー杭がまっすぐ打設できなかったり、地盤が硬く、スクリュー杭が打設できないという依頼を頂きます。ユンボで、掘削するのも1つの手段ではありますが、杭の周りも当然掘削しますので、地盤が逆に緩くなってしまい、スクリュー杭の沈下に影響を及ぼす可能性があります。
     固化剤などを入れて、後々、地盤を固める方法もあるのですが、時間と費用が掛かってしまいます。そんな手間を掛けずにできるのが、先行掘りです。特に、『1m以深で地盤が硬くなる!』といったような、ある程度、深い深度から固くなるような現場では、先行掘りが有効だと考えております。もちろん、全ての現場で、先行掘りができるか!?と言えば、そうでもありません。まずは、当社までご相談願います

    ■下穴の空け方
    下穴の開け方図
    *硬い地盤のため、筒状の物(ケーシングと言います)を引き抜いても、崩れたりしません。
    *スクリュー杭の直径がφ76mmで、ケーシングの直径がφ86mmなので、抜けないか?とよく尋ねられますが、スクリュー杭に羽があるのと、岩盤と引っ掛かるため、引張り強度が確保できなかったことは一度もありません。


    3)傾斜地の場合
    画像画像
         【傾斜角度16度の施工風景】           【傾斜角度20度の施工風景】
    画像画像
    【傾斜角度20度のスクリュー杭打ち施工&架台組み】 【傾斜地にて780本のスクリュー杭打ち施工】      

    2012年7月の売電価格(税抜)40円からスタートした、産業用太陽光発電ですが、ここ数年の間で、平らな野立て案件は、大幅に減少傾向にあり、傾斜地での太陽光発電施工も増えてきております。そんな時でも、当社のジオプローブは活躍できます。メーカーからは、傾斜角度30度まで対応可能と言われておりますが、当社では、現在25度以下(土質によって難しいケースもございます)までの対応です。

    ジオプローブの特徴として、機械にオペが乗らないというのが上げられます。ユンボの場合は、オペが乗っているので、一緒に転がり落ちる…という事も考えられます。地盤の状態にもよりますが、土質によっても登れる傾斜角度が変わってきます。ジオプローブを実際に入れてみないと分かりませんので、事前試験を実施してスクリュー杭が打設できるかの確認をさせて頂きます。
    傾斜地で太陽光発電をご検討の方は、是非お問い合わせ願います


    使用重機
    1)ジオプローブ
    画像画像
     当社所有のジオプローブ。オーガー機能(スクリュー杭打ち機能)と打撃機能(障害物の破壊及び単管打ち)の2つの機能を兼ね備えた、1台2役の優れた機械です。特徴と致しまして、オペとスクリュー杭の距離が近いため、写真のように、水平をオペが目視確認しながら、1人でも施工可能です。また、回転スピードを手で操作しますので、かなりの低速回転から高速回転までお手の物です!ただ、杭の運搬やレベル管理、安全上の観点から、2人での施工になります。傾斜角度30度まで可能とメーカーからは言われております。(※実際経験済みの傾斜角度は、25度までです。)杭にアタッチメントを装着し、引っ張ることで地盤の強度を計測する引き抜き試験を行うことも可能です。スクリュー杭の打設と一緒にご依頼いただけると費用削減につながります。
    画像画像

    2)ユンボ(BH)
    画像画像

     一番使われているユンボ。全国どこにでもあり、大きな石(障害物)があった場合は、アタッチメントを交換して掘削除去もできます。杭の運搬などもできるため、メガ案件の場合は、絶対に欲しい1台です。

    3)エコプローブ
    画像画像



     本来は、ボーリング時に使用する機械ですが、当社がボーリング作業もやっているので、協力会社を含め知識があるのと機材が揃えられるという点が大きな特長であると思います。特に、先行掘りに適しているため、当社では導入しております。エコケーシングでの先行掘りは、固い地盤を得意とします。スクリュー杭は、硬い地盤の場合、打設できず、コンクリート基礎に変更することによって、大幅に金額が上がってしまいます。N値が30以上の現場で、コンクリート基礎にすると金額が上がってしまうので太陽光発電そのものを断念しようと思っている、という相談をいただいことがあります。一般的なユンボの場合、N値が15以上になれば、打設困難でしょう。しかし、ボーリングする機械(エコプローブ)で、先行掘りをして、その穴にスクリュー杭を打設することができます。相談をいただいたその案件も現場で事前試験をさせてもらい、実際にスクリュー杭を打設することができました。エコプローブ(または、同じく杭打ち機であるジオプローブという機器)を先行掘り専用にして、ユンボで、穴が開いた箇所を追っていくという手法が可能です。アタッチメントを交換する作業時間は、1分程度ですが、スクリュー杭の打設本数が多い時は、この方法で時間を節約していけます。機械と掘削するツールがくっついているため、正確なポイントに先行掘りすることができます。掘削方法は、オーガー(回転)とバイブレーション(振動)です。固い地盤でも、粘性土がある土地でも掘削でき、かなり正確に打つことが可能です。傾斜地はちょっと苦手ではありますが、5度程度までなら、対応できます。まずは、当社までご相談願います

    4)ソニックドリル
    画像画像



    ソニックドリルは大型のボーリングマシンで、オーガーとバイブレーションで掘削していきます。高い掘削性能で多様な工事に適用されており、速度、垂直性、低騒音等に優れていることが特長です。掘削の馬力は高く、エコプローブのおよそ4倍(当社感覚)で、地中に硬い石や岩盤のある現場でも1日70〜90ヶ所の先行掘削(φ86mm)ができます。掘削速度が速いと工期や掘削工程の短縮によりコスト削減にもつながる場合もございます。メガ案件等の、広くて硬い地盤がある現場で重宝します。画像のとおり大型サイズの重機で、13tトラックで運ぶので、そのための車両の搬入路の確保が必要です。傾斜地での作業には適しておらず、5度くらいまでの角度が対応可能となります。

    5)ハンディタイプ
    画像画像

    重機が入らない場所や、本数が少ない場合に、ハンディタイプのスクリュー杭打設は有効です。ただ、人力に近いところがあるので、ちょっとした障害物があったり、地盤が硬かったりした場合は、打設できません。本当に、最後の手段的な部分があります。

    6)穴堀建柱車
    画像画像

    穴堀建柱車は、元々は電柱を建てる穴を掘削する建設機械です(画像はD-50A建柱車)。重機、ハンドタイプの杭打ち機での施工が困難な傾斜地の現場でのスクリュー杭打設に使用。特徴としては馬力が高いので硬い地盤でも大丈夫です。クレーンのブームが長く、停車した地点から伸縮できる範囲まで複数の杭打設ができます。本来は傾斜地の下から施工しますが、画像のように、停車できるスペースがあれば上からでも下からでも作業できます。傾斜地にのぼることもないので、機器の重さで土壌を崩してしまうということもありません。作業員が登って作業できる程度の傾斜角度ならけっこうな傾斜角の現場でも施工できます。ただ建設車両であるので、車両が出入りできたり、車両を置いて作業できるスペースがどうしても必要となります。

    写真の現場では、法面の下が更に急な傾斜地となっており高さもあって転落の恐れもありましたのでユンボのような重機での施工は困難でした。ハンディタイプでの打設も人力では精度が悪く地盤が硬かったこともあり難しい状況でした。そこで、建柱車を用いて施工。60本/日ほどの打設を行えました。重機が入りにくく地盤が硬い傾斜地でも、満足のいく精度と作業速度で進める事ができました。
    画像画像


    hitokoto『重機の選択肢があるのが◎』
      当社のスクリュー杭の打設実績は、2016年3月末時点で、3万本弱です。それだけの現場に携わりますと、ユンボが適した現場もあれば、ジオプローブが適している現場もありました。また、エコプローブで先行掘りして、後を追うようにスクリュー杭を打設していった現場もありました。その土地土地で、重機を選択し、施工することが、結果的にお客様の利益になると感じております。

    kusa25度の傾斜に対応できるジオプローブの特徴
    kusaスクリュー杭打ちでよく頂くご質問 Q&A
    kusaスクリュー杭打ちの施工実績と事例

    問合せ
    *営業時間外は、直接転送で担当者につながります。


  • 全国のスクリュー杭打ち、大阪の産業用太陽光発電なら株式会社ジオリゾーム
  • 京セラソーラーエネルギーシステム販売代理店
  • 大阪営業所 大阪府吹田市内本町1丁目1番21号・・・・・・・・・・・・・・TEL 06-6381-4000  FAX 06-6381-3999
  • サイトマップサイト利用規約個人情報の取り扱いについて
  • Copyright(c) Georhizome Co,.Ltd. All rights reserved.